だって食べたかったんだもの 2

外神田・湯島・本郷3丁目あたりときどき出張先

角萬(文京区本郷)の冷やしきつねそば

角萬の屋号は蕎麦界の二郎と一部で言われているらしく,興味はありましたが積極的にいただこうとは思っておりませんでした。ただこちらに来て以降,何度か店前を通りしましたが「お休みします」の紙がシャッターに貼ってあり,しかもそれは貼りっぱなしではなさそうな感じで・・・。で,遂に開いているのを見つけて迷わず入店。注文は冷やしきつね600円。女将さんのスパッとした感じ良いです。なんとなく見ていると,親父さんが用意した丼を女将さんが一回り拭うという連携が繰り返されていて面白い。

蕎麦は太めの乱切り,つゆは多め。蕎麦は見ためほど硬くはなく食べやすくしっかりそばが主張された感じで美味い。つゆが色からすると相当醤油が立つ感じかと思いきや少し酸味あって,甘味が出てくるという他にはない味。これがそばに合って美味しい。で,きつねと言いながら天かすが少しつゆに入っているようで,この食感もあって美味しい冷やしきつねに仕上がってました。食べ終わるまでにそば湯が出てこなかったので今回はつゆをそのまま少し飲んで退店しましたが,次回はそば湯でも楽しんでみたいと思います。 

f:id:tako86_blog:20210722060903j:plain

角萬の冷やしきつね

 

tabelog.com

我流担々麺 竹子(文京区本郷)のタンタン麺

お隣のワンタン麺をいただきましたのでお次はこちらに。U字型カウンターは2席ごとに衝立がありました。暑い日でしたので汁なしにしようと思って,座ってメニューをみると汁なしはないようでしたので,ノーマルのタンタン麺を発注,750円。お隣に座った後客さんは発注後即座にカウンター上のたまごを割ったのでびっくりしましたが,茹でたまごでした。無料のようです。さほど待たずに来ましたが,いただいてみると,細麺といい,チャーシューの感じといい,ごはんが無料で付くことといい,銀座のはしごにそっくり。で,改めてメニューをみると,ぱいこータンタン麺とかザーサイタンタン麺とかメニューも似てます。ただ,はしごにある鶏絲涼麺はないようです。いずれにしてもはしごのやや廉価版って感じでワタクシは十分美味しくいただきました。そうとなれば,はしごではできなかった辛めのオーダーを次回はしてみようと思います。 

f:id:tako86_blog:20210716204419j:plain

我流担々麺 竹子のタンタン麺

 

tabelog.com

 

 

 

 

いっぺこっぺ(千代田区外神田)のひれかつ定食

開店して早ひと月半,昼時はよく外待ちの人を 見かけますが,この日は外待ちなくカウンター席にも空きがあるようでしたので迷わず入店,券売機に。少し迷いつつも檍から未食のひれかつ定食(170g)を発券,1800円。着席時にごはんを半分でお願いしました。いつもながら厨房の様子を見ながら待つのはなかなか楽しいです。

ひれかつは3つの塊で結構なボリューム。肉断面はほぼ火が通った感じでした。早速いただいてみると柔らかさがあって美味しいのは確かですが,ロースにあったあのジューシーさが感じられません。卓上にいろいろな種類の塩が置いてありますが,この塩が活きるのはジューシーさがあってこそ。今回はソースをかけて美味しくいただきました。系列他店でひれ肉をいただいたことがないので確定的ではありませんが,火が通り過ぎていたのかもしれません。とは言いつつも十分美味しかったですけどね。 

f:id:tako86_blog:20210714050045j:plain

f:id:tako86_blog:20210714050101j:plain

いっぺこっぺのひれかつ定食

 (過去の訪問)

datte2.hatenablog.com

tabelog.com

福しん(新宿区西新宿)のチャーハンと餃子と(練馬区石神井町)のタンメンと餃子

福しんはチェーン店ながら美味しいと思っていますが,かなりのご無沙汰でした。なぜかこの日は炒飯欲求が強く,こちらを思い出して入店です。衝立類はありませんでしたが,この手のお店はひとり客が圧倒的に多く,皆さん黙って召し上がるので無問題です。注文はチャーハンと餃子のセット,650円。

 すぐにできるのも福しんの良いところ。餃子も一緒に出てきましたし。チャーハンはたまご,チャーシュー,ねぎというこれしかないというかこれ以上ないという基本具材で脂っこくもなく,味が妙に濃いこともなく安定して美味しいと思います。餃子は見ためはなんですが,にんにくが効いた一品で美味いです。福しんが生活圏内に2店以上あれば,確実に餃子のサブスク初めていたかもしれません。

ところで,店内はもうひとつの評判の品,タンメンコールであふれていたようにも思います。次回麺な感じの際には忘れずに福しんのタンメンをいただいてみようと思います。 

ということで,石神井公園駅付近で食事をしようと少し歩いてみつけたこちら。迷うことなくタンメンと餃子を発注,690円。中華鍋を振る音がして間もなく着膳。しっかり炒められた豚肉,白菜,もやし,にら,にんじん,玉ねぎ,きくらげがスープに合ってます。赤いクコの実がアクセント。スープは塩感薄めで豚肉から移った脂感が旨味を出している感じ。麺はやや硬めでしたがさほど気にもならずにいただきました。まずまず美味しいタンメンと思います。

f:id:tako86_blog:20210710063119j:plain

福しんのチャーハン餃子セット

 

f:id:tako86_blog:20210714050114j:plain

f:id:tako86_blog:20210714050129j:plain

福しんのタンメンと餃子

tabelog.com

tabelog.com

ムタヒロ田無店(西東京市)の特製塩そば

国分寺市国分寺,西国分寺)から小平市花小金井)に展開していたムタヒロが西東京市(田無)にできてました。場所は,地元ジャイアンの系列店,フランチャイズ油そば店があったビルの1階でほぼ居ぬきなのではないでしょうか。とは言え,このご時世ですのでカウンターには衝立完備。入ってすぐの券売機を眺めると鶏そば一本のようですので,国分寺の2号店,花小金井店と同じものと想像して,今回は「特製」塩そばを発券,1000円。

さほど待たずに来ました。特製だけあって,豚ロースと鶏むね肉,穂先メンマが増量され味玉が付いてました。あとは忘れてはならない鶏そぼろ。鶏脂が光る黄金色のスープは旨味深いです。麺は特徴的だった平打ではなくなったようです。少し細めですがスープの持ち上げ良く美味しいです。チャーシューは柔らかく思ったよりもボリュームあって美味しい。確か前回は花小金井店で塩そばをいただいて,国分寺でいただいた醤油の方が好みと思った記憶がありますが,今回の塩そばも十分美味いので,その時々の気分に応じていただくのが良いかと思います。 

f:id:tako86_blog:20210710063024j:plain

ムタヒロ田無店の特製塩そば

  

tabelog.com